THINKING MEGANE

半歩進むChef-Solo - Cookbookの共通化(library)

Cookbookの共通化(library)

前回エントリではrecipeとdefinitionを用いたCookbookの共通化の手順を紹介しました。 今回はChefのもうひとつの共通化の仕組みであるlibraryを紹介します。


libraryって

libraryはRubyコードを用いて、Chefに新しいクラスやメソッドを追加することができる仕組みです。

libraryはクックブック内のlibraries/library_name.rbに定義することで自動で読み込まれ、recipes, attributes, file, definitions, providers, definitionsで利用することができます。

libraryの用途は以下の様なものがあります。

  • ファイルに格納されている属性値へのアクセス
  • ループのようなプログラムテクニックの利用
  • Chefのレシピから直接呼び出せるような独自名前空間の作成(Chef::Recipeの名前空間をきれいな状態に保つ)
  • データベースへの接続
  • LDAPプロバイダとの接続
  • その他、Rubyでできることはなんでも

libraryを使う

基本

1. libraryを定義する

一番かんたんな利用法は、Chef::Recipeクラスにメソッドを追加する方法です。 例としてChefのキャッシュディレクトリを取得するメソッドを定義してみます。

libraries/cache.rb

def cache_path
  Chef::Config[:file_cache_path]
end

マニュアルではChef::Recipeクラスに明示的に定義するようになっていますが、上記の記法でもChef::Recipeクラスに定義されるようです。

2. libraryを使う

レシピ内などで呼び出すことができます。

recipes/default.rb

remote_file "#{cache_path}/sample.tar.gz" do
  # 省略
end

名前空間

libraryが大きくなるようであれば、名前空間の分割を考える必要があります。 以下のようにChef::Recipe::XXXのように名前空間を分けて定義するか、後述のmodule化を検討してください。

libraries/cache.rb

class Chef::Recipe::Cache
  def self.path
    Chef::Config[:file_cache_path]
  end
end

recipes/default.rb

remote_file "#{Cache.path}/sample.tar.gz" do
  # 省略
end

module構成

名前空間の分割にはmoduleを利用することもできます。 opscodeでの利用例はmodule構成にして、helperとして定義する例が多いようです。

libraries/helper.rb

module Helper
  def cache_path
    Chef::Config[:file_cache_path]
  end
end

recipes/default.rb

# moduleのinclude
::Chef::Recipe.send(:include, Helpers) 
# メソッドを利用する
remote_file "#{cache_path}/sample.tar.gz" do
  # 省略
end

attirubuteへのアクセス

マニュアルにはChef::Recipeクラスの@node変数経由で取得する記述になっていますが、通常通りnode.attrもしくはnode[attr]の取得方法で取得することができます。

resourceの利用

library内でもresource類を使うことができます。


前回のrecipe, definitionに続き、共通化という観点でlibraryを紹介しました。

次回はdefinition利用時のtipsを紹介する予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加