THINKING MEGANE

Go言語でag(The Silver Searcher)ライクな高速検索ツールをつくった。EUC-JP/Shift-JISも検索できマス。

いまや高速パターン検索といえばag(The Silver Searcher)ですが、検索対象がUTF-8のテキストを前提としているため、EUC-JPやShift-JISといったファイルを検索するのに課題があります。

これまで、それらの日本語文字セットを検索できるようにするため、色々とagの改造、公開を行っていました。

しかし、特定の国の文字コードだけに特化した修正というのをmasterに取り込んでもらうわけにもいかず、派生ブランチとして追随するのも、やはり面倒…

そこで年始にGo言語を触ったのをきっかけに、Go言語でパターン検索ツールをつくってみました。

せっかくなのでポストagを目指して、プラチナサーチャー(The Platinum Searcher)と名付けてます。


The Platinum Searcher

機能

  • ag相当の検索速度
  • プロジェクトのgitignore, hgignoreファイルによる検索対象の除外
  • 日本語文字セット(UTF-8, EUC-JP, Shift-JIS)ファイルの検索
  • 各OS(Mac OS X, Windows, Linux)向けのバイナリ提供

ベンチマーク

ack, agと比較した結果です。agと同じくらいの速度は出せていると思います。

ack go  6.24s user 1.06s system 99%  cpu 7.304 total
ag go   0.88s user 1.39s system 221% cpu 1.027 total
pt go   1.05s user 1.03s system 195% cpu 1.066 total

ディレクトリ検索、Grep処理、結果表示などをゴルーチンを使って並行化したりしていますが、今回のようなシンプルな実装でこれだけの速度を出せているGo言語、なかなかよさそうです。

インストール

各OS向けにビルドしたものを提供しています。

以下のURLで提供しているバイナリファイルをパスの通ったところに置けばOKです。

使い方

通常の ag コマンドと同様です。

$ pt [OPTIONS] PATTERN [PATH]

コマンド名はptです。プラチナなので。

Unite.vimとの連携

agとUnite.vimで快適高速grep環境を手に入れる で紹介したのと同じようにプラチナもUnite.vimと連携できます。

nnoremap <silent> ,g :<C-u>Unite grep:. -buffer-name=search-buffer<CR>
if executable('pt')
  let g:unite_source_grep_command = 'pt'
  let g:unite_source_grep_default_opts = '--nogroup --nocolor'
  let g:unite_source_grep_recursive_opt = ''
endif

今後は、ポストag、プラチナの名に恥じないよう、agより速く検索できるようにしていきたいなと思ってます。

まだGo言語は触り始めたところなので、プルリクでのツッコミもらえたらうれしいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加